自粛期間に~フラワーエッセンスとチャクラエネルギーで心のケア ②

自粛期間に~フラワーエッセンスとチャクラエネルギーで心のケア ②

ホリスティックケア セラピストの

本多です。

 

前回の①から続きまして、

 

・エッセンスの活用法

・チャクラエネルギーについて

です。

 

第1チャクラ

生存に関する問題が

揺らぐことで、

 

その上に位置する

第2チャクラ

 

感情も不安定に

なりがちです。

 

丹田のあるおへそ辺り、

 

見えない敵との戦いに

「怖い」「恐れ」を

感じすぎてしまいます。

 

第1チャクラの本能は

安全ですが、

 

第2チャクラは

本能的に協力しあい、

分かち合うことを

知ることです。

 

星野源さんの

「うちで踊ろう」の動画

コラボで

 

大阪桐蔭高校吹奏楽部のコラボ

素晴らしかったですね。

 

手をたたいてリズムを

とったり、

手話で歌詞を伝えたり

 

と、

映像やリズム、

音楽とで

チャクラに響き、

 

幸せ感が増し

笑顔になれますね。

 

本当に素晴らしい!

 

 

第2チャクラの活性法

の一つは、

 

 

「笑顔・楽しいことをする」

 

このユーチューブを観ると

今日も頑張ろうという

気持ちになります!

 

第2チャクラのエネルギーが

整うことは、

 

「自分を自分で守る力・決断力」

を生み出します。

 

つまり、

“肝”が据わった状態

 

『自分の中心に

自分がいる状態』

 

センタリングです。

 

そこから

他者への思いやりや気遣い、

創造力も生まれます。

 

次に何をするべきか・・

 

昨日、

NHKのニュースで

著名な企業家の方が、

興味深いことを

おっしゃっていました。

 

「経営者は

コロナが追ってきても

逃げてはいけない。

 

ぶつかっていくこと。

 

ぶつかっていき、

内ポケット辺りに

入れてしまえば、

答えをもらえる

かもしれない。」と。

 

実にスピリチュアルです。

 

 

恐れの感情は

自分の一部。

 

なので、

自分の中で

統合していく。。

 

フラワーエッセンスセラピーの

考え方です。

 

今何をすればよいか

と考え、行動する。

 

分かち合いながら、

肝を据えて

立ち向かう

 

不安や恐れが勝ってしまう時は、

 

「・・で良かった」と

いう言葉で締めくくるのも

オススメです。

 

「1日中家族と一緒に過ごして大変!」

ではなく、

「長く一緒にいると、いつもと違う面に

気づけて良かった・・」

 

全てを

「・・で良かった」

 

という言葉に

置き換えます。

 

これは、

スピリチュアルリズムの

学びの中で

 

「心を整える実践法」

でした。

 

敏感な方は

自己否定に走りがち

だから・・です。

 

第2チャクラのエネルギーを

自分で整えて参りましょう。

 

全ては

霊的気づきの旅と考えて・・・

 

その③へ続きます。

 

『チャクラヒーリング法 第2チャクラ

 ~情熱をもって生き抜く場所』

もお立ち寄りください。

 

————

 

【お薦めケア・フラワーエッセンス】

 

第2チャクラの活性は

 

・呼吸を整える

・太陽を浴びる

・楽しいことをする

・笑うこと

 

《ワイルドフラワーエッセンス》

 

腸のお掃除、健康には

ブラックカンルーポーの浄化飲用法

 

第2チャクラに力を与える

ピンクファウンテントリガープラント

 

心の感情の解毒、

無意識なサバイバルモードへ

ケープブルーベル

 

恐れ・不安には

ワイルドバイオレット

メンジーズバンクシア

 

センタリングには

リーフレスオーキッド

 

《ヒマラヤンフラワーエンハンサーズ》

 

・ウェルビーイング

(第2チャックのエネルギー調整に)

・ルネッサンス

(困難時のサポート、生の再生へ)

 

スプレーや飲用で

お試しください。

 


 

◇ 5月のインフォメーション

 

「営業・ご予約については」こちらで。

 

—*—-*—-*—–*—-

 

新型コロナウィルスで

日々奮闘して下さっている

医療従事者の方や、

 

生活していく上で

必要なサービスに

従事して下さっている方に

深い感謝と共に

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA