新しく在る“私”

新しく在る“私”

スピリチュアルランプの

百合葉です。

 

忙しく過ごし、

あっという間に7月末。。。

 

そして、

コロナウィルス感染者が

増え続け、

不安・心配の日々ですね。

 

こんな日々の中、

 

「癒えたと思っていた

過去の辛い体験や悲しみ」

 

様々な方から

フラッシュバックが

起きている

 

と伝えられます。

 

さらに、

“痛みの再現” 

感じられるような

出来事も起こっています。

 

痛みとは

自分の中の影として

意識下に

存在しているものか?

 

他者への強い共感性

からくるものなのか?

 

どこから来ているのか?

がわからず、

 

ただ「痛み」にだけ

感じて辛くなる

 

もし、

無意識化のレベルで

残っている傷から

浮上してくる

ネガティブ因子

あるなら、

 

改めて

そのネガティブ因子を

 

大切にみてあげる

思ったあげる

感じてあげる

 

いかがでしょうか?

 

心には

ポジティブ因子も

ネガティブ因子も

存在しています。

 

ネガティブな意識が

増幅してしまう時は、

 

そこに気づいてという

サインでもあって

 

個人レベルだけではなく、

社会レベル、

国家レベル、

世界レベルでも

同じです。

 

ネガティブ因子の力は

強くて、

 

時に負けてしまいそうに

なるかもしれません。

 

それでも

負けずにみていくと、

 

「そういうことかー」

と感じる力、

 

ポジティブへチェンジできる

力を秘めています。

 

西オーストラリアの過酷な環境で

生きる野生の花

 

メンジーズバンクシアの花

 

「痛みには教え諭すという

目的があるが、

痛みは多くの人にとって

壁になり立ちはだかり、

行く手を阻むことがある。

 

しかしながら、

自分の内側に備わっている

喜びの心を主張できる」

 

とあります。

 

 

痛みに心を向け続け、

何を教えられているのか?

何を諭されているのか?

 

自分の気持ちを大切に

感じてあげる時間は、

 

貴重な“何か”を

得られるものと

感じています。

 

この花は、

山火事の際に

種を投げ落とし

 

新しく再生して

花を開かせます。

 

再生、

「新しく在るために」

 

精神性の喜びを

育てて参りたいですね。

 

 

いつもスピリチュアルランプの

ブログにお立ち寄りくださり、

ありがとうございます。

 

スピリチュアルケアセラピスト

百合葉

 

———————

 

◆ 8月の営業日程

 

営業カレンダー更新しています。

 

8月7日(金)~15日(日)

夏季休暇をいただきます。

 

*新型コロナウィルス感染症対策

を徹底し、

青山サロンの

スピリチュアルケア セラピー

スピリチュアル カウンセリング

行っています。

 

「出張セラピー・カウンセリング」

につきまして、

今年はお休みをいただきます。

 

オンラインを使った

カウンセリングはまだ

検討中です。